依頼ドタキャンはNG

依頼ドタキャンはNG

依頼ドタキャンはNG ベビーシッターを依頼したのに、急に予定が変ったり子どもが熱を出したりしてキャンセルしなければならないことも起きえます。このようなドタキャンともいえる予約の取り消しは可能でしょうか。
キャンセル時の対応は派遣会社によって異なりますが、予約日の前々日(48時間前)までなら無料でキャンセルを受け付けてくれるのが一般的です。ただしそれよりも指定日時に近くなると一定のキャンセル料を請求され、指定前日の夕方や指定当日になると支払い予定額の全額を支払わなければならないこともあります。
事情による予約のキャンセルはしかたのないことで、全面的にNGという訳ではありませんが、業者側もシッターさんの手配などを進めており、シッターさんも他の予定を入れずに準備をしていますので、いわゆるドタキャンの場合は依頼者に諸定額の支払い義務が生じるのはやむを得ないようです。
ベビーシッターの依頼を取り消す場合、その判断はなるべく早めに行い、決まったらすぐに連絡を入れることが大切です。

ベビーシッターとのスケジュール調整

ベビーシッターとのスケジュール調整 結婚や出産を経験しても社会の様々な場所で活躍している女性はたくさんいます。出産した女性が社会復帰を果たす為には、育児のサポートを受けられる環境が必要不可欠です。近年は待機児童問題もクローズアップされており、保育園に預けられずに仕事復帰が出来ない状況にある女性も増えています。そのような時代背景の中でベビーシッターの需要は非常に増えており、保育所などと違って契約時間やサービス内容などに関しても一人ひとりの要望に合わせて柔軟に対応出来るこのサービスを活用している人は増えているのです。
ベビーシッターとのスケジュール調整は非常に重要なポイントです。定期的に決まった時間に利用したい場合にはその調整もさほど難しくはありません。派遣会社を利用するのであれば、利用希望の日時を提示してそれにマッチングするシッターを斡旋できる為です。不定期や緊急時にも馴染みのシッターに対応してもらえる方が安心で有り、そのような状況で柔軟に対処して貰える事がベビーシッターの魅力でもあります。スムーズに調整するためにも、派遣会社やシッターの対応が可能な日時を事前に把握しておく事、急なスケジュール調整の際にどのようなツールでどこに連絡できるかをチェックしておくことが大切になります。